身長の伸ばし方

身長167cm。一般的には背が高い方に入る私だが、中学校に入ったときには138cmしかなかった。保育所の時から背の順では常に前から二番目の位置をキープし続け、小4から始めたバレーも背が低いのでレシーバーとして育てられた。それでも小学校時代は固定制というルールがあり、後衛の真ん中でレシーブだけを担当するポジションがあったのでレギュラーとして活躍することができたが、中学ではアタックが打てなければレギュラーへの道は険しい。ずっと応援してくれていた母もさすがに気の毒に思ったのか、身長が低いことを生かして体操部に入ったらどうかと勧めてくれた。逆立ちやバック転をしてしょっちゅう家のガラスを割っていた私に丁度良いと思ったに違いない(笑)

ところが体操部の見学に行ってみると、あろうことかレオタードで練習をしているではないかΣ(゚д゚lll)!無理!無理!無理! 絶対に無理〜‼︎  

結局バレー部に入部し、身長を伸ばそうと牛乳を毎日1リットル以上飲むことにした。おやつは決まってスライスチーズだった。スライスチーズと牛乳を一緒に口に含むと甘みがうんと増しておいしく、牛乳が何杯でもいける。そして口寂しくなったときには煮干しをバリバリと食べ、毎日外でバレーをし、真っ黒に日焼けした。

f:id:yPhonist:20161007222500j:image
そして半年後、身体に異変が起こり始めた。何故か足のサイズがぐんぐんと大きくなっていったのだ。もともと19cmだった靴のサイズが半年で23.5cmまで大きくなり、月代わりで靴を買い換えなければならなかった。足が大きくなる病気ではないかとずいぶん心配したが、足の成長は24cmで終息し、その直後からメキメキと身長が伸び始めたのである。寝ている間に膝のあたりからギシギシと音が聞こえてきて、身長が伸びているのが自分でもわかるくらいの勢いだった。結局、中2から中3までの1年間で20cm以上、高校でも5cm以上伸びて今の身長に至る。
栄養学的に言うと、骨を形成するにはカルシウムを摂取するだけでなく、カルシウムの吸収を促進するビタミンDが大切なのだそうだ。ビタミンDは皮膚の下にあるプロビタミンDが紫外線に照射されることによって生成されるので日光を浴びることが必須で、運動も骨を生成するのに欠かせない条件なのだそうだ。中学の時の私はそこまで知らなかったのだが、結果的には自らの体験でこれらを立証させたことになる。
ということで私の持論は、「身長を伸ばしたかったら毎日牛乳1リットル。チーズと小魚を食べてお外にGO!」である。時々、身長に悩みを持つ子どもたちに布教活動をするのだが、だいたい『牛乳一日1リットル』というあたりで「うへぇ~」と言われて終わってしまう(笑)

平日が休みなんてめったにないけどさ

今日は代休日‼︎ 久々に身体を休めることができるよぉ〜T^T ハードな仕事と輪をかけてハードな遊びを繰り返していたのでさすがに疲労困憊、クタクタだった。仕事も持ち帰っているが、少しゆっくりしてから取り掛かろう…そう思っていた。

しかし代休日だと知った姑さんに草抜きを命じられた。あぁ身体を休めたい…心はそう叫んでいたが、日頃から至らぬ嫁。平日も休日も家にいない嫁。たまの姑さんの願いを断るなんてことできっこない。

f:id:yPhonist:20160928223014j:image

子どもを小学校に送り出してから草抜き開始。そういえば昨日の天気予報では今日は雨だったはず。雨どころか時折日が差し、蒸し蒸しする暑さ。雑草の生命力との戦いは厳しかった。しかしそれ以上に厳しかったのは…

「私が死んだら庭の手入れどうするつもり?」

「庭のないマンションにでも引っ越さない?」

「今年は去年ほどスキーに行かなくていいんでしょ?」

姑さんの言葉一つ一つが胸にブッ刺さる。家のこと何にもしないで本当にすいません。スキーは行くんです毎週。それだけは譲れんのです。心の中で何度も謝りながら草を引き千切る。

2時間ほどでお役御免。腰が痛いよ〜(泣) 汗だくのクタクタで風呂に入ったら速攻ダウン。草抜きはストレス解消だと同僚が言っていた。私もそんな性格だったらよかったよね〜(笑)

姑さんにはいつまでも元気でいてもらわないといかんですm(__)m

右か左か…

お恥ずかしい話だが、私は未だに右と左がすぐにわからない。幼い頃、家の西にある観音山を見ながら「こっちが左、こっちが右」と母から教わって以来、西を向かないと左右がわからないのだ。左右を尋ねられたら、まず西の方に体を向け、観音山を思い出してから答えるのでちょっと時間がかかってしまう。

最も困ったのは車の免許を取るときだった。教官に「次、右」と言われても、運転中は体を西に向けることができないので判断が間に合わず、わからないまま思いきって曲がってみたら逆だったということが度々あった。失敗するまいと思うと向きを変える度にどちらが右でどちらが左なのかということばかり気になって運転に集中できなくなってしまう。普通に考えれば、教官側が左と覚えてしまえば簡単なのに、どうしても方角と左右を結びつけて考えてしまうのである。
こんな私でも地理と方角にはめっぽう強いので、よく道案内を頼まれる。しかし、「こっち」と言いながら指をさすのが私の案内方法だ。もちろん運転手が私の指など見ているはずがないので、「えっ?どっち?」と聞き返される。あわてて自分の横の窓ガラスをバンバン叩いたり、運転手の目の前に指を突き出して「こっち、こっち」とアピールをするのだが、タイミングがずれて非常に危険なのでかなり不評である。

f:id:yPhonist:20160907222619j:image

姪っ子は小学校に上がる前に左右がわかるようになっていた。どうやって左右を覚えたのか真剣に尋ねたら「右はこっちで、左がこっちなんよぉ」と困った顔で言いきかされた(笑)

子どもの頃にもっと真剣に意識して過ごしていれば身についたのだろうかと考えたりもしたが、この歳になってできないということは恐らく一生わからないままだろう。

そして、気づいてしまった…娘にも同じような現象が起こっていることに‼︎  そのことを指摘すると娘は猛烈に否定するが、間違いない。

娘よ、案ずるな。道標がすぐそばにいるぞ!(笑)

 

越後道中膝栗毛

出張で新潟県の越後湯沢に赴くことになった。新幹線で6時間…絶対暇だと思い、勉強用に専門書を2冊持ってきた。東京までの3時間半。気がつけばスマホ片手にグダグダ過ごしていた。東京駅に着いて乗り換えまでに1時間余り。東京さぁめっだにこれねー田舎もん、お昼さ食べたいけっど、どごに行けばいんだー⁈ 散々オロオロしたあげく、思い切って改札を出てみたが、乗り換えに遅れたらと思うと店を探して入る勇気もない(^^;;

f:id:yPhonist:20160809221755j:image

結局、駅弁買って上越新幹線に乗り換え。

すげぇ!2階建ての新幹線だぁ!

f:id:yPhonist:20160809221812j:image

座席に着いて少し遅い昼食をとったら睡魔が襲ってきて、重い専門書を開くこともなく越後湯沢駅に到着。たぶん、帰りも勉強しない。そう確信して駅に降り立つ。

f:id:yPhonist:20160809221838j:image

ガーラ湯沢の表示にテンションが上がる♪

イェーイ!元祖スキー天国、越後湯沢だー!

f:id:yPhonist:20160810081122j:image

心は踊るが、おろしたてのパンプスが合わず、歩行が限界に近づいていた。ググると駅から徒歩で行ける靴屋は一軒のみ。東側駅前は閑散とし、古い商店街が並んでいた。シャッターが閉まっている店も多い。気温も高く、足も痛く、すがる思いで入った小さな靴屋。エアコンがかかってない店内で汗をかきながらスーツ姿でも違和感なく履けるサンダルを物色。品揃えが少なくサイズも揃ってないので、おのずと候補は一点に絞られた。手に取ると劣化した内側がポロポロと屑になって落ちる。それで値段は4千ちょっと。んー(・_・; …  しかしあと2日間もこの痛みに耐えられそうにない。背に腹はかえられぬ!朽ちているところを指差して「これ劣化してるけど、この値段ですか?」と聞くとお店のおばちゃんは3千円にまけてくれた。お店にはスキーのポスターと季節ハズレに並んでいるスキーウェア。靴ずれに絆創膏を貼りながら、奥から出てきたおじさんも交えて大好きなスキーの話で盛り上がる。冬にまた来ます!と言ったが新幹線で6時間…車では…?果たして来れるのだろうか。

靴を履き替えて歩いてみると本革製で当たりが柔らかく快適。劣化しているので来年までは無理だけど、次の出張にも使えそうだ。痛みから解放され、まんざらでもない気持ちになった。

駅横のビジネスホテルにチェックインすると廊下にはスキー場案内の看板やポスター。そしてガーラ湯沢のパンフレット。そういえば歩いているときに遠方にガーラ湯沢と書かれた建物が見えた。何で夏なんだよー!と思いながらパンフレットを見ると土日祝にはサマーゲレンデを滑走できると書いてある。今日は日曜日。なんだよー滑れたんじゃんかよー!下調べ不足の自分に腹が立った。しょうがない。こうなったら酒でも飲もう(笑)

f:id:yPhonist:20160810082939j:image

翌日、出張会場に行ってみると専用ゲレンデ付きのホテルだったΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

f:id:yPhonist:20160810083158j:image

すげぇ!すげぇ!一人で興奮し、短い休憩時間にゲレンデが一望できるとこはないか走り回る(笑)

f:id:yPhonist:20160810083431j:image

スキー場が近すぎて全貌は見えないが、冬ならなんと贅沢なことか…あぁ口惜しい(´Д` )

その日の夜は懇親会。二次会のため駅前に繰り出したが、越後の夜は早い。23時にはお店が閉まってしまった。明日も研修会。こんな遠くまで来て研修中にウトウトしていたら何しに来たかわからない。よし!ホテルに帰ろう‼︎  そう思って歩き出した瞬間、パツンと音がした。そして右足に開放感…。昨日買ったサンダルの甲のストラップが切れたのだ。えー!Σ(゚д゚lll  右足を引きずるように2,3歩歩くと今度は左側がパツンといった。もう歩けなかった。サンダルを手に持ってストッキングを履いた素足で道路を歩く。親しい仲間なら笑い飛ばしてくれそうだが、ほぼ初対面の人ばかり。恥ずかしいったらありゃしない。とんだ珍道中となった。

しかし、このサンダル、何年あのお店で出番を待っていたのだろうか…(・_・;

夏祭り2016‼︎

朝仕事に出ようとしたら制服姿の娘が目の前に現れた。「どしたん?そんな格好して」と聞いてしまった私。娘の登校日を完全に忘れていた母親に娘は呆れ顔…いつもながらすまん…(;^_^A

職場でそのことを笑い話にしてたら夕方娘からラインが…

f:id:yPhonist:20160807102317j:image

ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3キャーまた忘れとった‼︎失敗続きを挽回せねば!と奮いたち帰宅。

在庫の反物を並べると大喜びの娘。

f:id:yPhonist:20160807102743j:image

赤いのを勧めたが、男性の好みも渋線の娘は紺地をチョイス(笑)

イムリミットは明日の夕方5時。しかし、柄合わせをして身頃を裁断した時点で満足して早くも23時には就寝。母さんは美容のため、夜なべはしない主義です(笑)

6時半起床。うちの自由人がロードバイクで米子に出掛けるのを左から右に受け流す(笑)

f:id:yPhonist:20160807103937j:image

娘は朝ごはんを食べた後、ばぁちゃんと下駄を買いに出動。これで邪魔モノはいなくなったぜ!本格的に作業開始‼︎

しかし、しばらくするとぢゃんぢゃんラインが入ってくる。

f:id:yPhonist:20160807105258j:imageどれでもいいよぉ〜。どぉせ私の意見なんか無視して自分好きなの買うくせに。頼むから作業させてくれよーヽ( ̄д ̄;)

9:45 袖が完成♪

f:id:yPhonist:20160807105828j:image

順調〜♪と思ったら娘が帰宅。ゆかたとお揃いのバッグを作りたいと大騒ぎ。100均のカゴを使って作らせるがその間、ゆかた製作は進まない(・_・;

f:id:yPhonist:20160807120234j:image

バッグが完成するやいなや手持ちぶたさになった娘が10分毎に「ねぇ間に合うん?もし間に合わんかったらどうするん?」と聞いてくる。プレッシャー半端ねぇ!( ̄▽ ̄; 

f:id:yPhonist:20160807120429j:image

ほとんどの作業が手縫いのため、思ってたより時間がかかる(・_・;

f:id:yPhonist:20160807120512j:image

えりがついた時点で残り1時間半。まだ袖もついてないし、肩あげも腰あげも残ってる…(´Д` )  もう間に合わんと確信し、縫い代の始末をかっ飛ばして、とりあえず着れる状態にしようと目標を変更。

イムリミットの5時を迎え、妥協の産物を娘に着付けた(笑)

f:id:yPhonist:20160807121011j:image

仲良しの友達と出動!いゃぁ、いい娘さんになったなぁ(´∀`=)

f:id:yPhonist:20160807121359j:image

夏祭り2016‼︎

f:id:yPhonist:20160807121449j:image

私は早々にビールをかっくらい、気分上々でしゃべくりまくり、娘に「もう帰るよ(−_−)」と引っ張られるまで楽しませてもらった(笑)

家に帰るとゆかた製作の戦いの跡…

明日から新潟出張なのに準備もしておらず…

でも酔っ払っちゃったからまた明日の早朝に!(笑)

ピアノ発表会にて

今日は娘のピアノ発表会。練習嫌いな娘は今年も上達しないまま当日を迎えてしまった。昨日も練習したのかどうか怪しいところだが、さすがに今朝はこちらが声をかける前に自分で練習を始めた。案の定ボロボロだった…。おかげでこっちも開き直った気分でゆる〜く鑑賞できそうだ(笑)

いつも平日開催なので去年も一昨年も仕事で観てやれなかった。3年ぶりの娘のピアノ発表会。演奏は期待できないが、せめて格好だけでも気合いを入れてやろうと思い、ドレスをアレンジし、ヘアメイクとお化粧を施した。

f:id:yPhonist:20160728181050j:image

 アイドルよろしく写真を撮ってひととき盛り上がったら、今日のお仕事終わりと言わんばかりに「眠い」と言って寝てしまった。発表会はこれからだというのに大物すぎる(;^_^A

f:id:yPhonist:20160728142639j:image

いよいよ本番。

f:id:yPhonist:20160728143622j:image

あれあれ?演奏がスムーズに終わっちゃった?もちろん間違う場面もあったが、今まで聴いた中で一番まともだった(笑)

終了後、「全く緊張しなかった」とのコメント。コイツ、どうやら本番に強いタイプらしい(^^;;

娘を箱から出す練習

4年生になり、学童保育がなくなったこの夏休み。ひとりでバスで駅まで行けるように練習することにした。まずはバス停まで徒歩15分。その道中でさっそく「あ、財布忘れた」と…おいおい、そっからつまづくかぁ。先が思いやられるぜ(^^;;

バスの本数が少ないため、今日のところは財布は諦めてバスに乗り、整理券と料金表の見方や両替の方法などを説明。信号で止まっている時に両替するよう言うのだが、ビビりまくってなかなか両替しようとしない(^^;;マトリョーシカのように何重にも重なっている箱入り娘の箱を一つひとつ根気よく開けねばなるまい。f:id:yPhonist:20160724004943j:image

駅に到着!レトロバス見っけ‼︎

f:id:yPhonist:20160724005201j:image

夏休み中使える子ども定期があることを知り、購入することに!

f:id:yPhonist:20160724005723j:image

すいませーん( ´ ▽ ` )ノ

どう見ても小学生にしか見えないと思うんだけど、証明書がいるとかで…えー今日は持ってないよー(´Д` )

ツレアイさんに連絡して保険証を写メして送って欲しいと頼んだが、保険証が見当たらない。で、母子手帳の出生証明(笑)を写メで提示。こんなの初めてだと苦笑いされながら初定期をゲッツ‼︎f:id:yPhonist:20161230234448j:image

初定期が嬉しくってテンションMAX‼︎

月曜日にはひとりでバスで行き帰りするんだけど大丈夫かなぁ…;^_^A