読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サンタは本当にいるのかと聞かれたら

去年の12月、「サンタさんは本当にいるの?」「プレゼントはパパやママが買ってるんじゃないの?」とムスメに問い詰められた。小学校で『本当はサンタクロースなんていない』という話題が出ているのだろう。あんなに楽しみにしていたサンタさんからのプレゼントを今まで私が準備していたと知ったらムスメはきっと落胆するに違いない。そう思って「信じなくなった子どものところにはサンタさんは来なくなる。そうなったらサンタさんの代わりに親がプレゼントをあげるようになるんだよ」と話をした。この話にムスメは妙に納得し、それからはサンタクロースの存在を疑わなくなった。

そして今年、サンタクロースはいると信じきっているムスメがサンタさんに書いた手紙を見せてくれた。

f:id:yPhonist:20161220094011j:image

手紙は手作りされた刺繍入りの袋に収められていた。ひと針ひと針時間をかけて作られたであろうその袋やメッセージから、ムスメのサンタさんに対する思い入れの強さが伝わってきた。

手紙には「しゃべる地球儀をください」と書いてあった。そのしゃべる地球儀とやらをネットで調べてみると2万〜3万円台が相場だった。

え⁈ Σ( ̄。 ̄ノ)ノ!

なんて高価なモノをお願いをするんだ!

しかも地球儀は数年前におばあちゃんにねだってすでにもらってるではないか!

やはり去年のあのタイミングでサンタの真相をムスメに話すべきだったかもしれない…(^_^;)