2018年を振り返る

2018年元旦。おみくじは大吉だった。それなのに今年は試練が多かった。地域でも仕事でも度々困難が降りかかり、途切れることのない身体の不調。膝痛に肘痛、時々腰痛。今年一番おしゃべりした場所が接骨院だったりして(笑)

秋の話。仕事が尋常じゃない忙しさで、体調なんか崩したら大変なことになるぞ!と気負って帰った日の夜、首筋に寝違えたような痛みが発生した。それがどんどん酷くなり、深夜に「痛い、痛い」と子どものように声をあげて泣くほどに。普段は何が起こっても起きない娘でさえ、目を覚まして背中をさすってくれた。深夜に迷惑かけてすまん…(^^;;

朝一番に接骨院で治療を受けたものの回復の兆しなし。迷惑はかけられないと職場に行ってみたものの、痛くて動くことができず、何をするにも人の手を煩わせる始末。もう迷惑でしかない…(;^_^A

仕方なく早退し、整形外科を受診。待合室で背筋を伸ばしたまま微動だにせず、痛みと格闘すること1時間余り。診察の結果、ストレスと疲労が起因の首の硬直と診断された。筋肉を緩める注射を2本。それが間違いなく一番怖かったりして(笑)

安静に、と言われてもどの姿勢になっても痛い。コルセットをつけてソファに座ったままじっとしている私の姿をまじまじと眺めて娘が一言。

「お祓い行った方がいいんじゃない?」

f:id:yPhonist:20181227215905j:image

( ˙꒳​˙ )…

なるほど…そうきましたか…

素直な性格の私は、翌日通院のついでに神社へ行き、一人お祓いの儀式を受けた。

それから一週間余り。年明けから通い続けていた接骨院を卒業。そして何事もなく無事スキーシーズンを迎えることができた。

こうして振り返ってみるとお祓いの効果があったかもしれない。しかしながら仕事の困難からは逃れられていない・・・(*_*)  その理由を思案していたら「お祓いの時にもらったお煎餅を私が食べてしまったからじゃないの?」と娘。そうか(;゚Д゚)!  きっとそうに違いない(笑)

さて、2019年はどんな年になるのやら。